MENU
機種選び

[2022年最新]ホットクック比較★必要機能とおすすめ機種を厳選してお伝えします!

ただいま期間限定セール中!

ホットクック2.4Lが3万円代で買えちゃいます!

1.6Lサイズ KN-HW16E

2.4Lサイズ KN-HW24E

「ホットクックを選びたいけどたくさん機種があってどれを選んでいいか分からない。」

こんなお悩みありませんか?

ホットクックはネットで検索すると新機種から旧機種までたくさんの種類があることに気づきます。

カリン

でも比較ししてもいまいち違いが分かりづらいんですよね…。

結論、私がおすすめする機種は2機種です!!

結論

機能重視な人
⇒2021年に発売されたGモデル

安く買いたい人
2019年に発売されたEモデル

それぞれの主な特徴は以下の通り。

Gモデルの特徴
  • サイズがコンパクト
  • 内鍋がフッ素加工
  • 混ぜる速さがスピードアップ
Eモデルの特徴
  • とにかく安い!(白のみ)
  • 内鍋はステンレス

この記事ではホットクック選びに悩んでる方に

ホットクックを毎日365日使っているカリンがオススメの機種をお伝えします。

この記事を見て分かる事
  1. おすすめのホットクック「Gモデル」と「Eモデル」の特徴と違いについて
  2. サイズの選び方のポイント
  3. 新旧別ホットクックの比較

\期間限定セール中!2.4Lが3万円代!/

セール商品の詳しい概要はコチラ

ホットクック比較おすすめその①「Gモデル」はサイズがコンパクト!

まずひとつめのおすすめモデルは、2021年に発売された「Gモデル

「Gモデル」の特徴は主に以下の通りです。

Gモデルの特徴
  1. サイズが小さくコンパクトに
  2. カラーが黒と白と赤の3色展開
  3. かき混ぜ機能の進化
  4. 内鍋がフッ素加工

順番に説明していきますね。

サイズが小さくコンパクトに

「Gモデル」は今までのサイズより一回りコンパクトになっています。

レンティオ ホットクック レンタル

ホットクックはどうしてもサイズが大きいのが難点…。

キッチンスペースが狭い人だと、小さい容量にしなくては…と悩んだり、置き場所に悩んでしまう人もいるかもしれません。

ホットクックもう少し小さくならないかなぁ~。

と思っていた人にはピッタリ!「Gモデル」は横幅が小さくなったので同じ容量でもスリムになりました!

\各サイズの違い/

サイズ旧サイズ
幅×奥行×
高さ(㎝)
新サイズ
幅×奥行×
高さ(㎝)
備考
2.4L39.5×30.5
x24.9
34.5×30.5
×25.6
横幅が5㎝
小さい
1.6L33×28.2
x24
36.4×28.3
×23.2
横幅が3.4㎝
小さい
KN-HW24GとKN-HW24F

キッチンには他にもいろいろな調理家電があるので、できたらコンパクトなサイズでスマートに置きたいですよね。

Gモデルならキッチンが狭くてもコンパクトに置くことができそうです♪

カラーが黒と白と赤の3色展開

2.4Lと1.6Lのサイズは今まで「白・赤」の2色展開でしたが、1.6Lには「」が登場しました!

ホットクック1.6L
画像元:SHARP HP

\サイズ別カラー展開/

2.4L赤・白
1.6L黒・白
1.0L黒・白

今まで1.6Lサイズ以上のホットクックは「赤と白」からしか選べませんでしたが、「黒」も登場して家電選びもオシャレに楽しくなりましたね♪

カリン

キッチンをカッコよく見せたい人にはこの「黒」は最高にカッコイイ!

かきまぜ機能が進化してスピードアップ!さらにほったらかしが実現!

「Gモデル」から、かきまぜ機能の回転速度がUP!さらにほったらかし度が増しました!

例えばポテトサラダ。
今まではジャガイモや他の野菜を「ゆでる」だけができましたが、Gモデルでは「ゆでる~つぶす」までが可能に!

ほったらかしでゆでるだけでも楽でしたが、もっともっと楽になったんです!!

カリン

子供大好きポテサラがホットクックで「ほったらかし」できるなんて最高♡

他にも、オムレツは卵と野菜を入れたら「まぜる~焼く」まで一気に可能だったり

ホイップクリームやアイスまでホットクックでできちゃいます♪

ほったらかし調理がどんどん加速していくホットクック。

いろんな料理をもっと楽にしたい人には「Gモデル」はおすすめです。

ちなみに1.0Lは高速回転やサイズが小さくなったなどの特徴はありません。

1.0Lの違いについてはコチラ

フッ素加工の内鍋で調理後も汚れがこびり付かない!

ホットクックの内鍋。
旧モデルはステンレス製でしたが、は2020年の「Fモデル」からフッ素加工付の内鍋になりました。

ホットクック内鍋

このフッ素加工付の内鍋もすごく大切なポイントです。

できれば調理後の洗い物なんてさっさと終わらせたいところ。

せっかくほったらかしで楽に料理したのに、洗い物に手間取ったらラクなホットクックも使いたくなくなってしまいます。

そんな時に内鍋がフッ素加工であれば汚れがツルンっと取れるので、簡単に洗う事ができますよ!

内鍋
調理後の内鍋。こびり付くこともないし、汚れもツルンっと落ちる!
カリン

料理はほっらからしに。
洗い物もツルンとらくチンに!
これ大事!

Gモデルは全部で3種類です。

※左にスクロールできます

タイトルホットクック
KN-HW
24G-R

KN-HW
24G-W
ホットクック1.6L
KN-HW
16G-B

KN-HW
16G-W
kn-hw10g

KN-HW
10G-B
ホットクック1.0L
KN-HW
10G-W
容量2.4L2.4L1.6L1.6L1.0L1.0L
Amazon
価格
約58,000円約60,000円約46,000円約45,000円約35,000円約35,000円

Gモデルの詳しいレビューは下記の記事で詳しくお伝えしていますので、気になる人はチェックしてみて下さいね!

ホットクックKN-HW24Gをレビュー!旧機種KN-HW24Gとの違いについても解説!

\サイズがコンパクト!Gモデル 2.4L白/

\2.4L キッチンに生える赤/

\Gモデル 1.6L白/

\1.6L限定!黒/

ホットクック比較おすすめその②Eモデルはとにかく安い!

「Eモデル」は2019年に発売されたモデルです。

「Gモデル」に比べると大きさが旧サイズで横幅を取ったり、内鍋もステンレスで汚れが付きやすいですが

Eモデル(白限定)はAmazonで買うと価格がとっても安いんです!!

機種名ホットクック

KN-HW24E
ホットクック

KN-HW16E
容量2.4L1.6L
Amazon
価格
約39,000円約39,000

家電はお店で買うと最新モデルしかありませんが、Amazonなら旧機種も取り扱いがあります。

ホットクックはどうしても価格が高いので、購入をためらってしまう人もいるかもしれませんが、

Eモデルなら安く買えるので、予算が決まっている人や価格を抑えたい人にはピッタリ!

  • サイズが大きい
  • 内鍋がステンレスで汚れがこびり付きやすい
  • 回転速度が普通の速さのみ

などGモデルと多少違いはありますが

通常使いであれば全く問題ありません!

旧機種?Amazon…!?

なるべく安く買いたいけど、ネットで旧機種を買うなんて心配…

という人はこちらの記事でネットで買うとお得な理由について解説しているので、のぞいてみて下さい♪

【超ねらい目!!】ホットクックを安く買うならAmazonが熱い理由

3万円代で買える!1.6L!

\期間限定セール中!39,000円!/

2019年モデルが安いなら2020年モデルや2018年モデルは…?

と疑問になりますが、Amazonで調査しましたが、2019年製のEモデルの白以外の旧機種は特に新モデルと価格が変わらなく、さほどお得感はありませんでした。

価格が変わらない旧モデルを買うなら新機能満載の新モデルを買った方がお得です。

Gモデル・Eモデルの比較表でチェック

コンパクトでおすすめの「Gモデル」と
価格が安くておすすめな「Eモデル」。

それぞれの機能や特徴を比較表にまとめましたので参考にしてください!

タイトルホットクック1.6L
Gモデル
ホットクック

Eモデル
発売年2020年2019年
サイズ(2.4)34.5×30.5×25.639.5×30.5×24.9
サイズ(1.6L)33×28.2×2436.4×28.3×23.2
内鍋フッ素加工ステンレス
かき混ぜスピード2倍
(メニューによる)
旧スピード
内蔵メニュー129126
付属品蒸しトレイ蒸し板
保存用ふた
Wi-Fi機能
煮詰め機能
価格(2.4L赤)約58,000円
価格(2.4L白)約60,000円約39,000円
価格(1.6L黒)約46,000円
価格(1.6L白)約45,000円約39,000
カリン

こうやってみると、GモデルもEモデルもそこまで大きな違いはありませんね。

選ぶ時のポイント

少しでもサイズが小さくしたい・お手入れを簡単にしたい人はGモデル

安くお得に買いたい人はEモデル

を買うといいですよ!

ホットクックのサイズ選びは家族の人数と作りたい量できまる!

ホットクックのサイズ選びは超重要なのと同時に、大きく悩むところのひとつです。

安易に決めてしまうと、後でやっぱこのサイズにしておけばよかった…と後悔する人もいるので慎重に選びましょう。

ホットクックサイズは2.4L1.6L1.0Lの3種類。

ここからは容量別におすすめなタイプを紹介していきます。

2.4Lがおすすめな人

2.4Lはホットクックの中でも一番大きいサイズです。

2.4Lがおすすめな人
  • 家族が4人以上
  • 3人家族でも翌日の分まで余分に作りたい人
  • パスタやうどんなど、めん類をホットクックで作りたいと思っている

4人家族以上いる人はおかずがたくさん作れるのでおすすめです。

3人家族だと1.6Lと迷うところですが、翌日のお弁当分もほしい、作り置きをしたい人はたくさん作れる2.4Lがおすすめ。

またパスタやうどんなどのめん類は2.4Lサイズだと最大4人分まで作れます。

ホットクック パスタ

めん類は1.6Lサイズは2人分までしかゆでれません。
これにを知らず後悔する人も多いので要注意です。

  • 3人以上の家族
  • キッチンスペースに余裕があり
  • いろんな料理に挑戦してみたい!

という人は2.4Lサイズを購入すれば間違いありません。

カリン

個人的には子供2人がまだ小さくてそんなに食べない4人家族でも、2.4Lをおすすめします。

子どもはすぐに成長するし、お昼ご飯時のめん類のほったらかしは本当に便利ですよ!

1.6Lがおすすめな人

1.6Lは2.4Lと1.0Lと比較してどっちにしよう…と一番迷いやすいサイズです。

1.6Lがおすすめな人
  • 子供が小さい(幼児or乳児)3人家族
  • 3人以上の家族でもキッチンスペースが狭い人
  • 共働きの2人暮らし夫婦

1.6Lは2.4Lよりも少しコンパクトサイズになるので、主に2人~3人家族におすすめです。

1.6Lも公式サイトには4人までOKと表記がありますが、パスタやうどんなどの「めん類」は2人分までしか作ることができません。

なのでキッチンスペースが狭くて2.4Lは置けないその日に食べる分しか作らない、めん類は別で作る。

という人なら4人家族でも1.6LサイズはOKです。

2人家族の場合は、1.0Lと悩むところですが、翌日分までほしい、ホットクックでしっかり料理したい人にはおすすめです。

むしろ2人家族でも共働きで忙しい家庭は、翌日分まで作れた方が料理の負担は減るのでおすすめです(^^)

1.0Lがおすすめな人

1.0Lは一番小さなホットクックです。

1.0Lがおすすめな人
  • 作り置きはしない2人家族
  • 1人暮らし

作れる量は最大2人分まで作れますが

  • 2人でもその日に食べる量が作れればいい
  • 翌日分まではいらない
  • キッチンスペースが狭い

人にはおすすめです。

1人暮らしの人には1.0Lで十分な量が作れるので、迷わず1.0Lを買うといいでしょう!

ただし、1.0Lはまぜ技ユニットのまぜ棒が1本しかないので、混ざり具合が弱いです。

野菜炒めを1.0Lでやったら全然混ざってなかった…(笑)

(2.4Lと1.6Lはまぜ棒が2本あるので、しっかりと混ざります。)

それでも1.0Lでもカレーやシチュー煮物、焼き物などしっかり調理できるので安心してください!!

▼1.0Lの使用レビューはこちらで詳しくお伝えしてます▼

ホットクック1.0Lレビュー!一人暮らしや2代目におすすめ♪

新旧別ホットクックの比較表

ここでホットクックのサイズ別の比較表を作成しました。

機能や色比較などに参考にして下さい♪

2.4L

型番

KN-HW24G


KN-HW24F



KN-HW24E


KN-HW24C
発売年2021年2020年2019年2017年
Wi-Fi
機能
自動
メニュー
133134130130
かきまぜ◎スピード2倍
煮詰め×
好みの
温度設定
×
内鍋フッ素コートフッ素コートステンレスステンレス
付属品蒸しトレイ蒸しトレイ蒸し板
保存用ふた
蒸し板
保存用ふた
カラー赤・白赤・白赤・白
サイズ345x305x256395x305x249395x305x249395x305x240
Amazon価格を見る価格を見る価格を見る価格を見る

1.6L

型番

KN-HW16G


KN-HW16F



KN-HW16E


KN-HW16D
発売年2021年2020年2019年2018年
Wi-Fi
機能
自動
メニュー
129130126121
かきまぜ◎スピード2倍
煮詰め×
好みの
温度設定
×
内鍋フッ素コートフッ素コートステンレスステンレス
付属品蒸しトレイ蒸しトレイ蒸し板
保存用ふた
蒸し板
保存用ふた
カラー黒・白赤・白赤・白赤.白
サイズ330x282x240364x283x232364x283x232364x283x232
Amazon価格を見る価格を見る価格を見る価格を見る

1.0L

型番

KN-HW10G


KN-HW10E
発売年2021年2019年
Wi-Fi
機能
自動
メニュー
7063
かきまぜ〇1本〇1本
煮詰め
好みの
温度設定
× ×
内鍋フッ素コートフッ素コート
付属品蒸しトレイ蒸しトレイ
カラー黒・白 黒・白
サイズ220x305x240220x305x240
Amazon価格を見る価格を見る

その他、機種比較時に確認しておく項目

おすすめのホットクックやサイズをお伝えしましたが

他にもホットクックを比較する時にチェックするポイントがあるので、リストにあげてみました。

機種を比較する時の参考にして下さいね。

その他比較時チェックポイント
  1. 煮詰め機能の有無
  2. Wi-Fi機能の有無
  3. 付属品
  4. カラー

①煮詰め機能の有無

ホットクックができる調理機能としては

  • 煮る
  • スープを作る
  • 蒸す
  • 炒める
  • 焼く
  • 無水でゆでる
  • 煮詰める
  • めんを茹でる
  • 発酵・低温調理

といった調理方法が可能です。

どの機種のホットクックも基本的な調理機能は変わりありませんが

1点これは絶対に欠かせない!というのが「煮詰める」という機能です。

実はホットクックの難点の一つに

  • 味が薄くなる
  • 水分が出てベチャっとしておいしくない

などのデメリットがあります。

ホントに美味しい?「ホットクックはまずいの噂」について徹底検証しました!ホットクックはまずいという噂があります。料理苦手なワーママが1年間ほぼ毎日使ってみた感想としては「まずくない!」です。ならなぜ「まずい」と言われているのか。それはホットクック特有の無水調理や蓋をして調理をするという事にあったのです。そんなホットクックは「まずい」に対して検証してみます。...

ホットクックはふたをして調理する「無水鍋」なので、食材から水分が出ても蒸発しません。

その為思いのほか水分が出てしまって味が薄い照りが足りないなどの問題が出てきます。

カリン

あーもうちょっと水分を飛ばしたい~!!!

こんな時に「煮詰める」を使えばふたを開けたまま調理ができるので、水分を飛ばすことができます。

水分が多く出てしまった生姜焼きを煮詰めるところ

野菜炒めなどの「炒める」調理は水分が出てしまうので「煮詰める」を使えば水分も飛んでいく!

水分が飛べば味も決まっておいしい!

他にも、思った以上に水分が出てしまった煮物でも「煮詰め」機能があると、水分を飛ばせて好みの濃さにできるので便利です!

煮詰める」機能があれば、たとえ水分が出ても吹き飛ばせば問題なし!

機種によっては「煮詰める」機能がない機種もあるのでしっかり確認しましょう。

②Wi-Fi機能の有無

Wi-Fi機能があれば追加メニューをダウンロードすることが可能です。

ホットクックは内蔵された自動メニューだけでも134件とメニュー数が多いのに、ダウンロードメニューも豊富で451件もあります!

(※2022年1月時点の調査)

これだけあれば絶対メニューに飽きる事はないだろうし、今日は何作ろうかな~♪と楽しく検索できちゃいますよね。

ほとんどの機種にはWi-Fi機能が付いていますが、中にはない機種もあるので、対応している機種を選びましょう。

③付属品

機種によって付属品も違いが多少あります。

  • 内鍋
  • ふた
  • 蒸しトレイ

内鍋はフッ素加工された鍋がおすすめですとお伝えしましたが、

他にも「ふたの有無」「蒸しトレイor蒸し板」の違いがあります。

ふた

2019年以前のモデルでは内鍋に置く「ふた」が付いています。
余った時に蓋をして冷蔵庫の中へ入れる事が出来るのであると便利です。

蒸し板

ホットクックでは蒸し料理もできるので、「蒸しトレイ」や「蒸し板」も付属で付いてきます。

2020年以降 蒸しトレイ
2019年以前 蒸し板

こちらも「蒸しトレイ」の方がオススメです

「蒸しトレイ」がオススメな理由①簡単に取り出せる

「蒸しトレイ」は下の写真のように鍋の上部で蒸すので、蒸しあがったら簡単に取り出せます。

これなら取り出すときに「あつっ!」となりません。

「蒸しトレイ」がオススメな理由② 鶏ハムやローストビーフが簡単に作れる

実は「蒸しトレイ」の裏?活用方法。
それは「鶏ハム」や「ローストビーフ」などの低温調理が簡単に作れちゃうんです!

鍋いっぱいの水にポリ袋に入れたお肉を入れても蒸しトレイで抑えてくれるので、お肉が浮き上がる事がありません。

カリン

ホットクックで作る鶏ハムやローストビーフはホント美味しいですよ~!
買ったら絶対作ってほしい♪

サラダチキン

「蒸しトレイ」だと「蒸す」以外にも低温調理が出来る!
ホットクックのレシピが広がってオススメです!

年代別 付属品一覧

年代別内鍋ふた蒸しトレイ
2021年フッ素加工×蒸しトレイ
2020年フッ素加工×蒸しトレイ
2019年ステンレス蒸し板
2018年ステンレス蒸し板
2017年ステンレス蒸し板

④カラー

カラーは赤、白、黒の3色です。

機種や大きさによってラインナップされている色が違うので、キッチンに置きたいカラーを考えてチェックしておきましょう。

ホットクックの型番名について

ここからは少しホットクックの型番についての説明です。

誤って違う機種を購入しない為にも、型番の違いについてしっかり理解しておきましょう!

ホットクックには機種ごとに型番がついています。
型番を理解すれば発売年やサイズが分かります。

「KN-H」までは共通ですが、
その後はWi-Fi容量発売年カラーという順番になっています。

例えばKN-HW24G-Wという機種は

  • W…Wi-Fi機能搭載
  • 24…容量(2.4)
  • G…2021年モデル
  • W…色(白)

という意味になります。

型番の違いは以下の通りです。

容量
  • 24…2.4L
  • 16…1.6L
  • 10…1.0L
発売年
  • G…2021年
  • F…2020年
  • E…2019年
  • C…2018年
カラー
  • R…赤
  • W…白
  • B…黒

ネットで買う時は新機種から旧機種まで幅広くあるので、自分の欲しい機種名をしっかりと把握してから検索⇒購入してくださいね!

おすすめ購入先はネット購入

安くなった旧モデルはネット購入がオススメです。
なぜなら家電量販店では最新モデルしか販売してないからです。

家電量販店は入れ替わりが激しいので、新モデルがでると直ぐに旧モデルの在庫処分行います。

あちこち回って自分の欲しい機種が売ってなかった(涙)

なんて時間のロスにならないようにAmazonや楽天、Yahoo!で買うのがオススメです。

しかもネットなら旧モデルの在庫も新品な状態でしっかりとあるので、安心して選ぶことができます。

こちらの記事では旧機種を安く買う方法を解説しています。

ホットクックを買うなら店舗よりもAmazonがおすすめな理由

レンタルをすれば失敗がない

どうしても機種になやんでしまう!!

いろいろ説明があっても悩んで選べない…という人もいますよね。

そんな人はレンティオでホットクックを一度レンタルして機能やサイズを確認してみるといいでしょう!

レンティオは家電のレンタルサービスです。

  • 購入するのにはちょっと不安
  • 使ってみてから検討したい
  • 買うまではいかないけどレンタルで使いたい

こんな人にピッタリのサービスです。

レンティオの特徴
  • 短期(2週間)から長期(1か月以上)までのレンタルが可
  • 新品のホットクックが借りられる
  • 使ってみていい!と感じたらそのまま購入も可

機種選びで悩んでいても、何も先には進みません。

なのに毎日の家事育児仕事は湧いてくるようにのしかかってくる…。

だから少しでも早く料理を楽にしたい人は、一度サクッとレンタルしてみると

使用感やサイズ感がしっかりと分かって、納得して安心して購入することができます。

カリン

今家電をレンタルしてから買う人が増えてるんです。

高いお金を払うんだから、ちょっと違ったなんて後悔したくないですもんね。

実際にレンティオでホットクックを借りたレポートを書いていますので、詳しく知りたい人は一度覗いてみて下さい!

【レポート】レンティオでホットクックをレンタルしてみた!

レンティオでレンタルする人は紹介リンクを経由すると500円割引されるので、お得にレンタルできちゃいますよ♪

\ボタンから行って初回500円off/

まとめ|大きさや機能をしっかり比較し、自分に合った機種を買おう!

ホットクックは自動調理鍋でほったらかしに調理出来ます。

どの機種を選んでも「ほったらかし」にできる事は変わりないですが、ホットクックをストレスなく使うなら以下の4点は抑えておきましょう。

  • Wi-Fi機能搭載
  • 煮詰め機能
  • フッ素コートの内鍋
  • 置き場所が確保できるならなるべく大きいサイズ

結論⇒おすすめ機種は「Gモデル

上記のおすすめポイントを全てクリアしているから、そしてコンパクトだからです。

また価格を安く抑えたい人には「Eモデル」がおすすめ。

ステンレス製の内鍋、大きさが旧サイズですが、小まめに掃除すれば問題なく使えます!!

自分に合った機種を見つけて毎日の料理を楽にほったらかしにしちゃいましょう♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
ABOUT ME
カリン
ホットクック&ヘルシオを365日毎日使って料理しています。 料理が苦手で毎日の家事・育児・仕事に疲れて料理をもっと楽にしたい!と思って導入⇒使ってみたら、ほったらかしで料理ができる素晴らしさに感動。全家庭に広まってほしい!!と切に願って発信してます! 所有台数はホットクック×2台(2.4L&1.0L)、ヘルシオ×1台。

スポンサーリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA